2013年1月12日土曜日

Ubuntuサーバーをアップグレードしてみる

ServersMan VPSをなんとなくノリで契約してみたのですが、Ubuntuが10.10だったのでバージョンアップしたいなーと思って、調べてみました。

参考:https://help.ubuntu.com/community/PreciseUpgrades
サーバーなので、SSH接続での実行です。

パッケージURLが古くてapt-getがデフォルトでは動かなかったので、リポジトリURLを変更します。
参考:http://dqn.sakusakutto.jp/2011/06/ubuntu-apt-get-update.html
vi /etc/apt/sources.list
URLのarchiveの部分を3行全部old-releasesに変更します。

まず、現時点10.10の最新状態にしておきます。
apt-get update
apt-get upgrade
それからupdate-manager-coreパッケージをインストールします。
(sudo) apt-get install update-manager-core
LTSからのリリースのみアップグレードの対象にしたい場合は、/etc/update-manager/release-upgradesを編集し、Prompt=ltsと設定します。

アップデートツールを実行します。
(sudo) do-release-upgrade
画面の指示に従ってください。いろいろ聞かれるので、適宜Yesならy、Noならnを入力してEnterを押していきます。

SSH接続でアップグレードを実行する場合は、最初に「SSH接続でアップグレードすると、途中で何かあった時の復旧が困難です。よろしいですか?」的なメッセージが出ます。
VPSサービスならOSの再インストールとか簡単にできるので、何かあったら元に戻せばいいやって感じだと思うんですけど。そういうわけには行かないよっていう方はご用心を。

なお、そういう場合に備えてもしもの時のために別のポートでSSH接続を受け付けられるようにしています(と、最初にメッセージが出ました)。一応頭に入れといてください。

何度か「本当によろしいですか?」的なメッセージが出るので、 y と押してEnterを繰り返してください。あとはパッケージダウンロードが始まって、しばらくはそのまま放置で結構です。

ダウンロード後にインストールが始まりますが、ここでいろいろと聞かれます。
アップグレードによっていろいろとOS周りの設定とかが変わっていたりしますが、そういった設定などを前のまま保持するか?新しいやつで置き換えるか?みたいなことを何度か聞かれます。
よくわかんなければ、defaultで書いてある方を押せば良いとおもいます。(default=Nだったらn)

あと、バックグラウンドで動いてるやつを再起動するか?的なことも聞かれてると思います(自信がない)。
でもその後OS自体が再起動するしなぁ……この辺はよくわかってないです。誰か教えてw

ちなみに、私は一度のアップグレードで一気に最新版へ上げることができなかったので、何度か繰り返しました。LTSのみって設定をやらなかったからかな?この辺は今度機会があれば調べてみよう。

初心者のためのLinuxコマンド解説

※sudoは「管理者権限でコマンドを実行する」というコマンドです。rootユーザーでログインしているときは不要ですが、そうでないユーザーで管理者権限が必要な処理を実行するときにはコマンドの前にsudoを付けます。
※apt-get はUbuntu標準のパッケージマネージャーで、OS内のソフトウェアを管理しています。
※apt-get install パッケージ名 で、パッケージをインストールします。
※ターミナル上でファイルを編集するには vi ファイル名 で開きます。viの使い方はググってください。

default

0 件のコメント:

コメントを投稿